フケの発生やかゆみがある時は薄毛要注意のサイン

育毛剤口コミ比較ランキング≪2018年人気おすすめはコレだ≫

育毛剤口コミ比較ランキング

フケの発生やかゆみがある時は薄毛要注意のサイン

読了までの目安時間:約 6分

髪の毛から白い粉のようなフケがポロポロと落ちたり頭のかゆみを無性に感じたりする時は、薄毛要注意のサインです。まだ薄毛が始まってなかったとしても、将来的になるかもしれません。そこでフケやかゆみを感じた時に行いたい薄毛予防の方法を、いくつか紹介していきます。

フケが多くてもシャンプーは1日1回までにする

男性

フケが多くなってきたら、シャンプーの回数を増やそうとしてしまうかもしれません。1日2回以上シャンプーをすれば頭皮や髪の毛が綺麗になってフケも出なくなる、そんなふうに考えてしまいがちです。ですがこれは誤った考え方だといわざるをえません。

 

シャンプーの回数を増やせば余計にフケが多くなってしまいかねません。シャンプーの成分がしっかりと洗い流せず頭皮にとどまってしまい、フケをむしろ増やしてしまう可能性があります。

 

それでは何のためにシャンプーの回数を増やしたのかわからないですので、シャンプーの回数を増やすのはオススメできません。むしろ1日1回だけにシャンプーの回数を抑え、その1回もできるだけ少量のシャンプーで頭皮や髪を洗ったほうがフケの発生をおさえられます。

 

男性は特にシャンプーを使い過ぎている場合が多いといいます。髪の毛の量に対して適切な量のシャンプーを使わなければフケの原因になりかねませんので、少し量を減らすぐらいがフケ対策になると考えられます。

ジェルやヘアワックスなどの整髪料はしっかり落とす

女性

 

ヘアスタイリングのためにジェルやヘアワックスなどの整髪料を使っている人は、洗髪の時にそれらをしっかり落としてから洗い始めることを心がけるのがおすすめです。特にヘアスタイルにこだわりがあって整髪料をたくさん使う人は、そのケアをしっかりしないとフケが出やすくなってしまうかもしれません。

 

天然パーマのようないわゆるクセ毛の人は、整髪料に頼る傾向が強いです。整髪料をたくさん使ってクセ毛を正しますが、それが習慣になっている人は気をつけないといけません。

 

あまりに使い過ぎると頭皮や髪の毛が整髪料まみれになってしまい、そのせいでフケやかゆみの症状を酷くしている場合もあります。そのままでは薄毛になりやすくなってしまう恐れがありますので、改善していかないといけないです。

 

整髪料を何も使わないと思い通りのヘアスタイリングができない場合がありますから、使うこと自体をやめる必要はありません。ただ使ったらそれをしっかり落とすように、常日頃から心がけないといけないです。

たとえ頭がかゆくても爪を立ててかくのは我慢

男性

 

頭がかゆいと感じれば、誰でも爪を立ててガリガリとかきたくなってしまいます。かくことで、一時的には気持ち良くなれるかもしれません。ですが爪を立てて頭をかけば、もちろん頭皮が傷ついてしまいます。頭皮が傷ついてしまったら、育毛に悪影響を及ぼすかもしれません。

 

薄毛になってしまう原因の1つは、育毛サイクルの乱れだといわれています。もしもかゆいからといって頭皮を傷つけるように爪を立ててかいていたら、育毛サイクルはどうしても乱れやすくなってしまいます。

 

たまにかゆくなるだけならしかたないですが、年中かゆくなるのはどう考えてもおかしいです。頭がかゆくなる根本的な原因が、何かあるはずです。頭がかゆいなら、まずその根本的な原因を突き止めないといけません。

 

いつも頭がかゆいのはいったい何が原因なのか、それを探ることが先決です。頭がなるべくかゆくならないように早く対処していかないと頭皮環境の悪化につながってしまいますので、かゆいときはその原因を明らかにしたほうが良いでしょう。

食事を見直すことでもフケやかゆみの対策ができる

ご飯

 

薄毛になるのを防ぎたければ、普段の食事を見直すことも大事です。なぜなら脂分の摂取量が多いために、脂っぽい頭になってしまっていることもあるからです。その脂がフケになっている可能性は否定できません。食事を見直すことで、脂っぽい頭皮環境の改善が見込めます。

 

たとえば揚げ物やラーメンやバターを多く含む食品が好きな人は、それらを控えたほうが良いかもしれません。それらはどれもとてもおいしいですから、食べることに積極的になってしまいやすいです。ですが食べ続けることで薄毛を促進させてしまうかもしれないと思えば、ある程度は控えられるはずです。

 

脂分の多い食品ばかりの食生活は、体にも頭にも良くありません。ですからそのような食生活が続いている人は見直し、頭を脂っぽくしないようにすることが大切です。

 

食生活を見直すことによって頭皮の状態が改善されてくれば、良さをしっかりと実感できます。そうなれば頭皮にとって健康的な食生活を続けようという気持ちに自然となれますので、食生活を見直すことが将来的な薄毛対策になります。

まとめ

もしも頭皮にフケが発生していたりかゆみをともなう場合は、薄毛要注意のサインだと思ったほうが良いです。その状態を放置することなく、早めに対策したほうが将来のためです。対策方法は1つではなくいくつかありますので、それらを試してみると改善がみられるかもしれません。薄毛を早めてしまうと残念なので、しっかりと対策する必要があります。

 

育毛剤口コミ比較ランキング|TOPへ

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
11月最新おすすめ育毛剤
chap-up
コンテンツ
おすすめ育毛剤
プランテルEX
育毛剤体験談
育毛剤関連記事
最近の投稿